モンスターハンター

【MHW】IB装備紹介【ガンランス編】

ガンランス装備テンプレ

MHW:IB装備紹介【ガンランス編】

スポンサードリンク

はじめに

お久しぶりです、kouです。最近はMHW:IBに忙しく更新できていませんでしたが、ある程度落ち着いてきたので装備紹介したいと思います。

今回紹介するのは「ガンランス」です。「初っ端からガンランスかよ」と思う方もいるかもしれませんが、僕自身が思っていたより火力が出ていたので紹介しようと思いました。ちなみに、使用率は11番目だそうです。(2019/10/02時点)

参考
kou_17の[MHW:IB]Defeat the Kirin for 4:33(4 players)をwww.twitch.tvから視聴する

また、装備を紹介するにあたり武器の説明も少ししておきますので、「もう知ってるからそんなことより早く装備教えろや!」と言う方は装備紹介まで読み飛ばしていただいて結構です。

もくじ

ガンランスとは

皆さん既にご存知かと思いますが、まずはガンランスについて軽く説明しておきます。ガンランスとはその名の通り、ランスにガン(銃)を装着したものです。最大の特徴は、ランスと同様の運用をしながら、砲撃により部位の硬さに関係なくダメージを与えられることです。

また、ガンランスには砲撃の種類があり、「通常型」・「放射型」・「拡散型」の3種類があります。これらの違いを一言で言うと、得意な砲撃の種類と範囲が違うと言うことです。それぞれの得意砲撃と範囲は、「通常型」はフルバーストで横に広く、「放射型」は溜め砲撃で前に広く、「拡散型」は単射(と竜撃砲)で狭い、となっています。

スポンサードリンク

メリット・デメリット

さて、そんないいとこ取りの武器ガンランスですが、もちろんメリット・デメリットが存在します。それぞれ見て行ってみましょう。

メリット

  • 砲撃による肉質無視
  • ガードによる強固な守り
  • 砲撃の型による遊び方の多様性
  • 切れ味による砲撃威力の補正

やはり、一番のメリットは肉質に関係なく一定のダメージを与えられることでしょう。また、ガードができるので攻めすぎなければ乙ることもまずありません。これらのことから、武器に回復カスタムを着けておくとさらに安定するでしょう。また、砲撃の型によって主となるプレイスタイルがガラッと変わるので、気分次第でプレイスタイルを選べ、他の武器に比べ「ガンランス」という武器に飽きにくくなっていると思います。

さらに、個人的に良いと思う点として、切れ味による砲撃威力の補正があります。補正には2段階のみが存在しています。どういうことかと言いますと、紫〜緑までは最高倍率黄〜赤は最低倍率という区切りとなっています(赤が最低になると撃てなくなります)。つまり、砲撃をメインに据えるなら、砥石の使用回数が他の武器に比べて少なく済むということです。これは狩猟時間の短縮や隙を減らすことに繋がるため、結構重要だと感じます。

デメリット

  • 肉質次第で下がる火力
  • 機動力の低さ
  • 隙の大きさ
  • 起爆竜杭

メリットの逆説として、肉質次第で火力が下がってしまうことがあります。その顕著な例は「放射型」です。「放射型」は溜め砲撃を撃ち続けるので、物理攻撃も比較的多い「通常型」「拡散型」に劣ってしまう場合も出てくるでしょう。また、全体的に動作が遅いため機動力は低く、隙が多めです。オドガロンのような素早いモンスターを相手にする場合は、壁ドンや罠を用いて極力動かさないようにしたいです。

一番辛いのは、起爆竜杭についてです。ざっくりと言ってしまいましたが、準備も設置も正直面倒です(笑)。準備は一々モーションが長いうえ、スリンガーがないとできません。設置に関しては、モンスターの動きを止めるすべがない状態で起爆竜杭が外れてしまった場合、気合いで刺さないといけません。ガンランスの火力は起爆竜杭に依存している部分も大きいので、ここはモンスターの動きを研究するなどしてなんとか刺し込みたいですね。

装備紹介

ここからは装備の紹介をしていきます。3種類とも紹介しますので、お好みの装備を使用してみてください。ちなみに、3種類のDPSを検証してみたところ、「通常>拡散>放射」という順番で効率が良さそうです。ですが、拡散がLv5までしか実装されていないことを考えると、拡散が一番かもしれませんね。

参考

また、個人的に放射と拡散は使い勝手が良く扱いやすいです。特に、放射型は砲術が前に長いので、起爆竜杭を誘爆させやすく火力の安定度が高いです。通常型は瞬間火力は高いですが、フルバを当てるのは難しいので恒常火力は落ち気味になるかもしれません。

共通部分

各種装備紹介の前に、共通している装備について説明しておきます。というのも、ネット上でもよく言われるのですが、ガンランスの装備はある程度テンプレみたいなものが決まっています。その理由は、【砲術Lv5】を発動させるためにシリーズスキルが必要だからです。

というのも、ガンランスの砲撃は砲術スキルでのみ強化されるので、【砲術lv5】は必須スキルとなっています。ということで、僕もその例に漏れずテンプレの内の一つを使用する形となっています。

  • EXゾラマグナヘッドβ
  • EXゾラマグナハイドα
  • EXシルバーソルアームβ
  • EXゾラマグナスパインβ
  • EXシルバーソルグリーヴβ

ゾラマグナは【砲術の極意】が、シルバーソルは【スリンガー装填数upの極意】が発動しています。砲術はともかく、スリンガー装填数は必要なのかと思う方もいるかもしれません。その理由は、起爆竜杭にあります。

起爆竜杭はスリンガーを弾丸にする関係上、装填する弾数によって継続時間が変わります。もちろん、弾数が多いと時間が長くなるので、起爆竜杭のリロード・刺突といった隙の多い行動の回数を減らせます。あるとないとでは継続時間が1分以上変わるので、ことガンランスに関しては超重要なスキルとなっています。

あとは、ランス御用達の【ガード性能】・【ガード強化】セットとガンランス必需品の【砲弾装填数up】を発動させています。そして、言ってしまうならこれら5つのスキルがあればガンランスの装備として完成しているといっても過言ではないでしょう。その中で、型の違いにどう合わせていくかがポイントです。

それでは、上記のことを踏まえた上で各種防具構成を紹介していきます。また、あくまで個人的なオススメスキルをつけているだけなので、個人で調整をお願いします。(2020/01/03追記):覚醒武器の登場により、1部位のみ変更可能になりました。

  • 通常型の装備構成は以下の通りです。

    切れ味の消費が激しいので、【匠】と【剛刃研磨】を採用しています。また、コンボの最中に砲撃以外も用いるので、【心眼】と【攻めの守勢】を採用しています。【心眼】がないとコンボが途切れる場合があるので必須スキルだと思っています。

    戦い方としては、隙あらばフルバを撃つというプレイスタイルになります。ただ、いくら瞬間火力が高いとはいえ隙が多いため、恒常的な火力は落ち気味になるでしょうか。あとは、決まった時の爽快感が最高ですね。

  • 放射型の装備構成は以下の通りです。


    スキルには【集中】を採用し、砲撃の回転を早めています。さらに、武器カスタムで回復を付与し【回復量up】を採用しています。ちなみに、回復カスタムは散弾のような複数同時攻撃の場合は1発分の回復量となるため、一撃が強い攻撃に向いています。

    また、他の砲撃型と大きく異なる点として【心眼】を採用していません。これは、基本的に突きを出さずに砲撃だけで戦うプレイスタイルになっているからです。なので、【防御】や【体力増強】などの生存系スキルを採用しています。

    武器カスタムに関しては、回復はなんとでもなると思ったのでとにかく死なないことを優先し防御を最大まで取っています。このあたりは好みでしょうから、どちらに偏重するかはご自由にどうぞ。

  • 拡散型の装備構成は以下の通りです。

    他の型と違い突きの回数が多くなることを踏まえ、爆破属性の武器を装備しています。また、武器に【業物】効果がついているため、手数の多さがあまり気になりません。

    スキルには【爆破属性強化】を採用し、爆破によるダメージの底上げと部位破壊の効率上昇を狙っています。また、手数の多さを踏まえた上で【剛刃研磨】・【心眼】・【フルチャージ】を採用しています。

  • それぞれの型の装備をご紹介しましたが、ここでおまけとして導きの地用の拡散型装備をご紹介しておきたいと思います。ちなみに、ガンランスを使っている理由は部位破壊がしやすい気がするからです(笑)。

    放射型の装備をそのまま採用した上で、【破壊王】および【地質学1】を付けています。【地質学】を1だけ付けている理由は、モンスターの落し物が2回拾えるという、バグか仕様か分からない現象があるからです(2019/10/時点)。ちなみに、落し物が落ちた時点で地質学を発動させていないといけないようです。(2020/01/03追記):どうやら、骨素材を落とすモンスターの場合には発動するようです。

以上が僕が使用しているガンランスの装備です。皆様の装備作成の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

おわりに

今回は、ガンランスの装備をご紹介しました。全ての武器種で装備紹介をするかはわかりませんが、まだいくつかは紹介しようと思っていますので、楽しみにしていてください!

では、今回はこの辺で。お読みいただきありがとうございました。

おすすめ

Comment