モンスターハンター

【MHW】マスターランク「マム・タロト」討伐をプレイした感想

スポンサードリンク

はじめに

お久しぶりです、kouです。メインブログとか言いつつ全然更新できていませんが、今回は『MHW:IB』にて2020/04/23(木)より追加された「マム・タロト」討伐のクエストについて、プレイした感想をお話ししたいと思います。

それでは早速、感想を見ていきましょう。

「終わりなき黄金時代」の感想


『MHW』で登場し、見た目の通り黄金時代を築いた「マム・タロト」。今までは撃退までのクエストのみでしたが、『MHW:IB』で遂に討伐クエストとして「終わりなき黄金時代」が登場しました。特徴は以下の通りです。

  • 討伐を目指すクエスト
  • 体力は人数により変更(普通のモンスターと同じ仕様に)
  • クラッチ・壁ドンに対応
  • 新技の追加
  • 肉質の変化
  • エリア3の落石ポイントが1つに減少
  • DPSチェックが存在し、達成できないと逃げる

これらの特徴について重要な部分は触れていきますが、まずは感想です。ソロクリアはガンランスで達成しましたが、まずその様子をみたいという方はこちらをご覧ください。

kou_2gamer7の[JPN]『MHW:IB』#84 フリープレイマム討伐(#84 FreePlay , KulveTaroth)をwww.twitch.tvから視聴する

プレイした感想


ただ単純に昔より強くなった「マム・タロト」というだけなので、当時たくさんプレイしたプレイヤーならば別段難しいクエストとは思わないというレベルでした。しかし、体力は変動制ですがソロで挑むとなるとなぜか残っている逃走仕様のせいで、基本的には20分ほどしか戦う時間がありません。にも関わらず、結構走り回られて時間を取られることもままあり、かなり厄介です。

ソロ攻略は放射ガンランスで行いましたが、『MHW:IB』の途中から放射ガンランスをメインとしている僕でも、相性は最悪と感じました

というのも、砲撃当てるより殴っている方がダメージが高いという肉質、でかい上にやたらと走り回るが故に攻撃がしづらいという単純な相性の悪さ、ガンランス最大の特徴である起爆竜杭が部位破壊とともに外れるという嫌がらせ仕様、ガード削りが異常な新技持ち、という点があるからです。肉質は最初は硬いのでまぁ良しとして、後の3点がキツすぎます。

僕の装備は耐久性が高いため真面目にやっていれば乙ることはありませんが、逃走仕様のせいでなかなかクリアできず…。どのような感じかは、プレイ動画をみていただけるとわかりやすいでしょうか。

kou_2gamer7の[JPN]『MHW:IB』#84 フリープレイマム討伐(#84 FreePlay , KulveTaroth)をwww.twitch.tvから視聴する

ご覧いただいた通り、めちゃくちゃグダッています。回を重ねてなんとか討伐できる流れを確立できたから良いものの、ダメージを思ったより稼げないせいで逃走に繋がるということもよくあります。まぁ、これはソロプレイでの話であり、マルチプレイであればそこまで問題視しなくても良い部分ではあります。ただ、なんにせよ放射ガンランスはそこまで相性が良いとは言えないと感じます。とにかく、新技のボディプレスと逃走が厄介です…。

というわけで、ガンランスでの周回は諦め他の武器でちょっと挑んでみました。武器種は「ライトボウガン」と「ランス」です。選定理由は、「ライト」は上位「マム」で使っていたから、「ランス」は走るのが楽しそうだったからです(笑)。そして、試したのが2種類なのは「ランス」が結構戦いやすかったからです。

kou_2gamer7の[JPN]『MHW:IB』#85 フリープレイマム討伐(#85 FreePlay , KulveTaroth)をwww.twitch.tvから視聴する

「ライト」は装備構成が悪かったのかもしれませんね。そもそも金を纏っている時間が短いため、以前の装備を改良しただけでは不十分だったのかも。もしライト装備を作るなら物理弾メインで作った方が良いでしょう。また、あちらの攻撃力もかなり高くなっているため、危険度的にあまり使いたくはない武器ではあります。

「ランス」は、エリア2ではテキトーに突進し、それ以降はとりあえずガードしながらついていれば良いので楽です。また、新技も強化ガードによって完封できるため、相性はかなり良いと感じました。

というわけで、「ランス」の装備ともう少し詳細な立ち回りをご紹介しておきます。

装備紹介と立ち回り

こちらが、最新版となります。先の動画とは装備が違っているのは、「龍脈覚醒いらんな」という結論に至ったからです。

ブラキ装備が優秀すぎる…(笑)。というわけで、ブラキ一式です。とはいえ、攻撃力さえ高くできるならなんでも大丈夫ですし、僕自身回数をこなしたわけではないのでこれが最強というわけではないと思います。もしかしたら、覚醒武器をカスタマイズするのが良いかもしれません。

続いて立ち回り。

エリア2では、とりあえず部位破壊を狙っていきましょう。尻尾には突進で追尾するのが楽です。というか、基本的に距離があったら突進で追いかけましょう。また、壁ドンやクラッチ攻撃は積極的に行いましょう

エリア3・4では、自分が狙う部位は出来るだけ傷つけていきたいので、カウンタークラッチを積極的に狙いましょう。幸いにも、「マム」は攻撃前後の隙が大きめなので、行動の予測ができればそう難しくはありません。傷つけたら、あとは積極的に突いていくだけです。また、エリア4では新技も追加されて厄介なので、突進ジャンプ突きで乗りを狙うのもおすすめです。そして、新技は強化ガードで防ぎましょう

とりあえず、これらのことがしっかりできるなら特に苦戦する相手ではないと思います。この装備であれば防御力と火耐性も高くガードもあるので、プレイが苦手な方でもそこそこ生き残りやすいと思います。また、火力の方もなかなかに高いので、ソロプレイでも十分通用するでしょう。

ちなみに、どうしてもガンランスでソロ攻略したい方への助言をすると、壁ドン・落石をしっかり行うことと、できるだけ早く長く起爆竜杭を刺すこと(胸か顔がおすすめかなぁ)ですかね。これを意識すれば、難易度はそれなりに下がるはずです。

スポンサードリンク

装備感想

もののついでに、この「マム・タロト」の素材で作成できる装備についてご紹介しておきます。

武器

工房での生産武器は存在せず、上位「マム・タロト」クエストの報酬武器を強化する形となります。また、今回のアップデートにより、錬金釜での生産が可能となっているので、上位クエストに行く必要はありません。

同じような武器として比較される「ムフェト・ジーヴァ」の覚醒武器と差別化する基本的な部分としては、物理攻撃力を取るか属性・状態異常値を取るかという点になります。まぁ、拡張性等でこの限りではないですが、基本的には物理ならムフェトで属性ならマムという風な使い分けとなると思います。

特に、双剣と弓は出来るだけ取っておいた方が良いかも…?

防具

β防具を一式揃えるとこんな感じです。(会心撃は武器についています。)

早食いと満足感が付いているので、アイテムをいっぱい使う初心者のような方におすすめです。それだけでなく、超会心とフルチャージで攻撃力の方も高めることができます。スロットもそこそこあるので、拡張性もバッチリです。

とはいえ、最近出た臨界ブラキの装備が強すぎるので、そちらに食われている感じはしますが…。

一応、αも載っけておきます。

満足感が3まで到達し、広域と属性解放が3とフルチャが1つきます。こちらも初心者のような方におすすめで、なにより広域がついているのでサポートが行えるため、場合によってはこちらの部位を買う方が良いこともあるかもしれませんね。

おわりに

今回はMRの「マム・タロト」についてお話ししました。個人的には「歴戦王ネロ・ミェール」も含め「アルバトリオン」のつなぎ感がありますね。ただ、つなぎとは言え使える装備はあるので、しっかりプレイして装備は作っておきましょう。

では、今回はこの辺で。お読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ

Comment