総評

イベント「とある逆徒の抹殺命令」キャラ総評

スポンサードリンク

はじめに

どうも、kouです。今回は、過去に『とあるIF』で登場したイベントキャラについて、個人的な評価をご紹介したいと思います。ページの見方は『ごあいさつと当ブログについて』という記事にて説明しておりますので、ぜひご一読ください。

また、他イベントについては『各記事へのリンクまとめ』というページでリンクをまとめておりますので、そちらをご覧ください

なお、一部公式Twitterからの引用を行なっている部分がありますので、場合によっては表示されないことがあるかもしれません。その点についてはご理解いただきますようお願いします。

それでは、内容の方を見ていきましょう。

もくじ

「とある逆徒の抹殺命令ワールドオーダー」キャラ感想


イベント「とある逆徒の抹殺命令ワールドオーダー」で登場したキャラは、イベント報酬では「【魔神になりそこねた男】オッレルス」のみ、ガチャでは「【魔神】オティヌス」「【魔神の理解者】上条当麻」の2体で計3体となります。

また、本イベントのキャラは全て青属性のキャラで構成されているという点が特徴です。こちらについては、本記事をお読みいただければ理由がわかると思います。

さらに、今回のガチャは0.5周年を記念したフェス限定ガチャとなっています。

それでは、そろそろキャラ評価の方を順番に見ていきましょう。

イベントキャラ

イベントでは「【魔神になりそこねた男】オッレルス」を入手できます。オッレルスとしては初登場(ストーリーは除く)となります

  • 【魔神になりそこねた男】オッレルス




    • ステータス
      (数値は画面撮影時の最大値です)
      属性:青 撃種:× 方向:×
      体力:5489 物攻:1616 物防:1785
      器用:1204 異攻:2284 異防:2125

      他のイベントキャラと比べ、器用・異攻・異防が高めとなっています。

    • スキル

      ペアのキャラがスキルを使用した後、【クリティカル威力アップ(小)】を3ターン付与し、SPを20上昇する(1回のみ)
      数少ない【クリ威力アップ】スキル持ちで、3ターンと継続が長めです。また、SPを20上昇させる効果も付いていますので、必殺を打たせるサポートもできます。

    • 潜在能力

      1:【異攻アップ(中)】、2:【クリティカル発生率アップ(小)+物防アップ(中)】
      潜在2はスキル効果のサポートも兼ねているため、頑張ってイベントをプレイして解放しておきましょう!

    • 総評
      4.5

      「正体不明の力によって削板を倒した時の様に、圧倒的な力を持って敵を倒すキャラ」というところでしょう。

      イベント産キャラとしては優秀な効果を持っており、さすが「魔神」級と言う感じです。メイン効果である【クリ威力アップ】の威力上昇率がどれくらいかはわかりませんが、通常はクリティカルが出ればおよそ2倍のダメージになるとも言われています。もし、この”倍率”に威力上昇が掛かるのであれば、効果タイミングが攻撃前となる攻撃力アップ系よりも威力は高くなるでしょうから、かなりのダメージアップが期待できます。また、おまけ程度に付いている【SP20アップ】も、必殺を打つ回数が1回多くなるかもしれないレベルの強力なスキルです。

      その力は、「魔神」の座を争った「【魔神】オティヌス」と似た様なと言うか、むしろこのコンビを組ませるがためにデザインされた様な能力です。そして、ベストパートナーである「【魔神】オティヌス」の器用がかなり高いことに加えて自身の器用も高めですので、魔神チームであれば最高峰の力を発揮できます。

      ただ、効果発動は運に頼る部分があり、安定はしないのが難点です。自身のステータスはお世辞にも戦えるレベルとは言えず、兎にも角にもクリティカルを出さないことにはダメージに繋がりません。頼みの「【魔神】オティヌス」も器用は上昇してくれないので、地の器用が高いキャラを選びましょう。一応、「【【女王サマ】食蜂操祈」であれば異能決戦メダルで交換できる上に器用が高めなので、手持ちがいない場合はこちらを優先して作っておきましょう。

      なにより、異能系アシストには「【天真爛漫】打ち止めラストオーダー」を筆頭に強力なキャラが多数存在しており、わざわざこいつを使うかどうかというところも疑問ではあります。

    close

ガチャキャラ

イベントより先行して実施されたフェス限定ガチャ「幻想祭宴イマフェス」で排出されるキャラで、ピックアップは「【魔神】オティヌス」「【魔神の理解者】上条当麻」の2体となっております。そして、記念すべき初のフェス限キャラとなります。

フェス限の特徴としては、ステータスが高く、スキル・必殺・潜在が超強力なものとなっているという点があります。

  • 【魔神】オティヌス




    • ステータス
      (数値は画面撮影時の最大値です)
      属性:青 撃種:異能 方向:3方向
      体力:9063 物攻:2035 物防:2395
      器用:1703 異攻:3296 異防:3110

      器用がかなり高めとなっています。その分、他のステータスは抑え気味ですが、その中でも異攻と異防は高めです。また、フェス限にしては少し控えめなステータスとなっていますが、その理由は後ほど。

      ちなみに、体力以外のステータスバランスは「【幻想殺し】上条当麻」と同じです。さすが夫婦。

    • スキル

      青属性の味方全員に【異攻アップ(中)】と【クリティカル発生率アップ(中)】を2ターン付与する
      なんと、「【新たなる光】ランシス」のほぼほぼ上位互換な効果となっています。ほぼというのも属性縛りがあるからなのですが、まぁここは後述の通り何の縛りにもなりませんので、実質完全上位互換です。

    • 必殺

      攻撃範囲内の敵に特大威力の異能攻撃をする
      初の「元の攻撃方向が3方向なのに特大威力の必殺」持ちです。「【雷神】トール」もほぼ同様の性能を持っていますが、通常戦闘時の安定度はこちらの方が圧倒的に高いため強力でしょう。

      また、現状最高ランクの器用を持つので、基本的には必殺を撃ってくれるでしょう。

    • 潜在能力

      1:【青バトルキャラ能力向上(中)】、2:【青バトルキャラ能力向上(大)】
      ここが、オティヌスを「魔神」たらしめるところでしょう。概要としては「バトル開始時に青属性バトルキャラの物攻・異攻・物防・異防がアップ」となっており、現状では唯一無二の「チーム全体に影響を及ぼす能力」です。潜在の影響力の詳細はわかりませんが、アップ値的には中と大なので結構な強化となるでしょうか。

      潜在2は必ず解放しておきたいですが、黒結晶での限界突破となっており、現状では「フェス限キャラ被り」か「組織戦線」でのみの入手となるので、解放のハードルはかなり高いでしょう。

      ちなみに、「オルソラ」同様に公式からの解説が行われています。おそらく、完全新規の効果を持った潜在だからでしょう。

    • 総評
      6

      「『世界でも終わらせてやるか』のセリフは伊達じゃない、最強筆頭キャラ」というところでしょう。

      まず、潜在覚醒からして今までとは一線を画しすぎています。【ベクトル操作】や【ガード】などの特殊な性能を持っては持っておらず単純なステータスで勝負するキャラですが、そのイかれたチーム戦力ブーストによってどこででも活躍できるでしょう。性能は超強力で、反射も受けず、器用の調整無しで必殺を撃たせられる、とかいう化け物じみたスペックをしています。

      青属性には「【魔神の理解者】上条当麻」を筆頭に、「【グループ】一方通行アクセラレータ」や「【おてんばメイド】白井黒子」など強力なキャラクターが豊富なので、チームで見ても恐ろしく強いでしょう。「異能キャラいなくない?」とは言ってはいけない。

      加えて、自身のスキルもかなり強力です。アップ値自体は中ですが、【クリティカル率アップ(中)】によりクリティカルが結構出やすくなるので、想像以上のダメージを叩き出すことも多いでしょう。特に

      ただし、その強さは潜在に依るところが大きいので、チームに青属性を多く採用する必要があります。特に、自身のステータスはこのスキルを前提に調整されている感があり、「【魔神の理解者】上条当麻」と一緒に使ってやりたいというところではあります。まぁ、調整されてると言ってもフェス限なので超強いんですけど。

      た、強力ではあるスキルも青属性限定の効果というのも微妙に使いづらいです。最大限に生かそうと思うと編成が限られがちですし、現状は物理キャラの方が活躍の場面も多かったりするので、そうなった場合はただのブースト要員とか雑魚狩り要員になる場合も出てくるでしょう。

      あと、ストーリーやイベントでは特に気にならないかもしれませんが、異能決戦で使おうものなら、緑属性を中心にした編成に簡単に負けてしまう可能性が高いです。編成の際は赤属性も入れておくなど、何か工夫をしておきましょう。

      最後に余談なのですが、イベント前日に公開されたムービーでLive2Dが動くことが確認されており、新規追加キャラとしては初となる動き付きキャラとなります。まぁ、人気キャラということで予想はできましたし、そもそも当たり前だろって感じですが。戦闘でも非戦闘でも楽しめますので、ぜひとも手に入れたいですね。

    close

  • 【魔神の理解者】上条当麻




    • ステータス
      (数値は画面撮影時の最大値です)
      属性:青 撃種:物理 方向:2方向(中・右)
      体力:8007 物攻:4558 物防:4424
      器用:828 異攻:3023 異防:3163

      物攻・物防がかなり高めとなっています。また、異攻・異防も少し高めです。

    • スキル

      攻撃範囲内の敵に大威力の物理攻撃をする
      ただただ攻撃をするだけのスキルですが、高攻撃力から放たれる大威力攻撃ということで、必殺ゲージを使わずに必殺を撃つような火力が出せます。

      もっとわかりやすくすると、この当麻は攻撃力的には上から3番目です。つまり、あの恐ろしいバケモノである「【黒い翼】一方通行アクセラレータ」の通常攻撃よりももっと高いダメージが、いつでも手軽に出せるということですね。また、スキルなので異能決戦でも使用タイミングを図りやすい点も良いですね。

    • 必殺

      攻撃範囲内の敵の強化状態を全て解除し、特大威力の物理攻撃をする
      こちらについては、「【幻想殺し】上条当麻」の完全上位互換となっていますので、この必殺がどれだけ強力かは言わずともご存知でしょう。

    • 潜在能力

      1:【魔術サイドへ攻撃した際の威力アップ(小)+物攻アップ(中)】、2:【自身の前方向への攻撃力アップ+器用アップ(中)】
      なんと、潜在1、2の両方が2つの効果持ちです。さらに、どちらも攻撃力を伸ばす潜在となっています。オティヌス同様、こちらも潜在2は必ず解放しておきたいところですが、黒結晶が必要なのが辛いですね…。

    • 総評
      6

      「『1人の少女を守るために、たった一人で世界と立ち向かう』だけの圧倒的な力を持ったキャラ」というところでしょう。

      特に、異常なまでの高ステータスバランスが魅力です。数値的には単純火力で「【恭賀新年】一方通行アクセラレータ」を超えることは難しいでしょうが、それでもかなりパワフルな上にある程度の打たれ強さを持った理想的なキャラに仕上がっています。

      そのパワフルさと打たれ強さは「【魔神】オティヌス」との相性抜群で、あちらと違い普通にフェス限のステータスなので、通常攻撃でも相手の体力の大部分を持って行ってくれます。スキルをぶちかまそうものなら、1人2人は余裕で吹き飛ばすでしょう。ここまで見たらなんかオティヌスに守ってもらってる感あるな…?ただ、他に特筆すべき項目はありませんので、言えることは「単純に強い」、それだけです。

      弱点についても、さすがはフェス限と言ったところで特にないのですが、【ベクトル操作】は普通に食らってしまうのが痛いです。ただ、一応必殺タイミングを調整をすればその問題も解決でき、器用が高く必殺も撃ちやすいので、そこまで大きな問題というわけでもないでしょうか。

      こちらも最期に余談となりますが、スキル名と必殺名を続けて読むと名台詞が再現されるのが神ですね。めちゃめちゃかっこいい。あと、公式から出た映像もかっこいいので、ぜひご覧ください!

    close

以上が、現状のイベントキャラの評価となります。「課金して全員手に入れて夢のチームを編成してね❤︎」という運営の集金愛が感じられるイベントとなっていますね。ぜひ、『とあるIF』存続のためお布施しましょう!

という冗談はさておいて、初のフェスガチャということで性能的にはとてつもなく強力なものとなっていますので、出来るだけ石を集めて両キャラ当てる準備をしておきましょう!

スポンサードリンク

当イベントについて


今回のイベントは、以前開催されたイベント「とある魔神の主神の槍グングニル」同様、オリジナルではなく、原作小説を基にしたものとなっております。

こちらも、前回同様フルボイス仕様のストーリームービーとなっており、これによってアニメやゲームに未登場であった僧正、娘々、ネフテュスの3名に声が付きました。ここまでしているということは、おそらく実装準備もしているでしょうから、それについても楽しみですね。

また、基となった巻は原作全巻の中でも屈指の人気を誇るパートとなっていますので、「ファンだったけど新約序盤で読むのをやめました…」という方もぜひ読んでみてください!(一緒に、新約8・9巻が基となっているイベント「とある魔神の主神の槍グングニル」もどうぞ!)

おわりに

今回は、キャラの評価やについてお話ししました。また新しいキャラやガチャが出た際にはお知らせしたいと思いますので、ご期待ください。

また、再三申し上げますが、ここはシリーズを通して本当にアツいところなので、原作の方もぜひ読んでみてください!

では、今回はこの辺で。お読みいただきありがとうございました。

Comment