総評

イベント「とある幻想の一周記念[後編]」キャラ総評

スポンサードリンク

はじめに

どうも、kouです。今回は、『とあるIF』で登場したイベントキャラについて、個人的な評価をご紹介したいと思います。ページの見方は『ごあいさつと当ブログについて』という記事にて説明しておりますので、ぜひご一読ください。

また、他イベントについては『各記事へのリンクまとめ』というページでリンクをまとめておりますので、そちらをご覧ください

なお、一部公式Twitterからの引用を行なっている部分がありますので、場合によっては表示されないことがあるかもしれません。その点についてはご理解いただきますようお願いします。

それでは、内容の方を見ていきましょう。

もくじ

「とある幻想の一周記念ファーストアニバーサリー[後編]」キャラ感想


イベントは2020/07/10(金)の16:00より開始となります。

イベント「とある幻想の一周記念ファーストアニバーサリー[後編]」で登場したキャラは、イベント報酬では[前編]に引き続き「【暗部の夏季休暇】心理定規」のみ、ガチャでは「【サマーレスキュー】白井黒子」「【白い翼】一方通行」「【HsSSV-01】浜面仕上」の3体で計4体となります。

[前編]から続いて[後編]が開催されます。もちろん、「1stAnniversary 幻想祭宴イマフェスガチャ」も後半と銘打って登場です。構成自体はほぼ同じで、イベントキャラとフェス2体という形式になっています。フェス限アシストキャラの属性は前後編のどちらも引く前提の調整をされています。

[前編]の記事では黒子とレッサーがピックアップされるでしょうとか書きましたが、なぜかレッサーがハブられてしまいました…。フェスキャラには三主人公の残り2人である一方通行と浜面仕上が登場しています。

こちらも、水着は夏限定、フェスキャラはフェス限定となるため、全員限定キャラです。

それでは、そろそろキャラ評価の方を順番に見ていきましょう。

イベントキャラ

イベントでは「【暗部の夏季休暇】心理定規」を入手できます。こちらについては『イベント「とある幻想の一周記念[前編]」キャラ総評』をご覧ください。

ガチャキャラ

イベント時に同時開催されたガチャより排出されるキャラで、ピックアップは「【サマーレスキュー】白井黒子」「【白い翼】一方通行」「【HsSSV-01ドラゴンライダー】浜面仕上」の3体となっています。また、名称にアルファベットが入るのは初となります。

  • 【サマーレスキュー】白井黒子




    • ステータス
      (数値は画面撮影時の最大値です)
      属性:紫 撃種:物理 方向:2方向(左・右)
      体力:8363 物攻:4570 物防:4392
      器用:602 異攻:3932 異防:4392

      物防・異防が高めとなっています。

      ステータスランキングについてはこちらをご覧ください。

    • スキル

      攻撃範囲の敵に小威力の物理攻撃をし、【物攻ダウン(大)】を1ターン付与する / チャージターン:5」
      バトルキャラ初の攻撃力を大ダウンさせる効果を持つスキルです。1年間で計100体以上のバトルキャラ数となりましたが、意外にもこれが初という…。また、小威力の攻撃も行うため、攻守に優れたスキルとなります。

    • 必殺

      味方全員に【物攻アップ(大)】を3ターン付与し、紫属性の味方全員に【攻撃方向増加+1】を3ターン付与する / チャージターン:4」
      味方全員に【物攻アップ(大)】を付与し、さらに紫属性には【攻撃方向増加+1】を付与するものとなっています。実は、【物攻アップ(大)】を無差別に付与するのは、ありそうでなかった必殺となります。

      …と、効果はそれだけですが、注目すべきは一風変わった必殺モーション。こちらは、公式生放送でも公開されていますから、ぜひ一度ご覧ください。

    • 潜在能力

      1:【物攻アップ(中)】、2:【自身の左方向への攻撃力をアップ+物防アップ(中)】
      潜在2では、自身の長所である物防をアップさせつつ攻撃もアップするので、ぜひ解放しておきましょう。

    • 総評
      5.5

      「物理サポートとしては貴重と言える性能のキャラ」というところでしょう。

      貴重な効果を2つ持ちますが、どちらも強力です。

      まず1つは、バトルキャラ初となる【物攻ダウン(大)】を持つスキルです。相手自身に効果が付与されるため、防御アップと違い対策されづらいですし、ステータス増減は割合らしい(攻略と銘打っておいて「らしい」ってのもダメな話ですが…)ので、ボス戦などでは防御アップよりこちらの方が需要が高いでしょう。また、おまけ程度ではありますが小威力の攻撃も行います。とはいえ、自身の攻撃力はそこそこ高めなので、結構な威力でしょうか。

      そしてもう1つ、味方全員に【物攻アップ(大)】を、紫属性の味方全員に【攻撃方向増加+1】を付与する必殺です。こちらは、今まで登場している【物攻アップ(大)】付与キャラと違い、位置指定や所属サイドの縛りがないため、この「黒子」の登場により立ち回りやすさは大きく変わるでしょう。

      また、攻撃方向増加に関しても、「【赤鼻のトナカイ】上条当麻」「【堕天使メイド】神裂火織」以外は効果を受けられるので腐りづらいですし、その中でも特にクリティカル率と物防をアップさせてくれる「【メイド訓練中】御坂妹」とはスキル・必殺の両面でかなり相性が良いので、対物理なんかでは大きく活躍してくれるでしょう。

      しかも、自身は紫属性初の左右2方向攻撃キャラとなっていますが、普段は扱いづらい部分もある左右2方向の弱点を必殺効果で補えるというのも、評価点でしょう。

      というように、全体的なバランスも良く目立った弱点もないと言えるでしょう。強いていうなら、スキル効果の持続が1ターンというところでしょうか。とはいえ、その1ターンを乗り切ればなんとかなるという場面も多いため、そこまで気にすることもないでしょう。


    close

  • 【白い翼】一方通行




    • ステータス
      (数値は画面撮影時の最大値です)
      属性:紫 撃種:異能 方向:2方向(左・中)
      体力:9132 物攻:2762 物防:4361
      器用:1589 異攻:4491 異防:2473

      器用が高めとなっています。

      ステータスランキングについてはこちらをご覧ください。

      ちなみに、一方通行としては初となる異能攻撃タイプです。

    • スキル

      紫属性の味方全体に【異攻アップ(中)】と【黄属性ダメージカット(中)】を3ターン付与する / チャージターン:4」
      [前編]で登場した「【竜王の顎】上条当麻」の全体版効果となります。さすがに【クリティカル必中】はありませんが。

    • 必殺

      攻撃範囲内の敵に特大威力の異能攻撃をし、【物攻ダウン(大)】と【異攻ダウン(大)】を3ターン付与する / チャージターン:4」
      初の【物攻ダウン(大)】と【異攻ダウン(大)】を同時に付与する必殺です。というかまぁ、物攻ダウンと異攻ダウンを同時に付与する必殺はそうそう多くはありませんが。ダウン値が大なので、「【十字教徒】アンジェレネ」」「【風紀委員】白井黒子」の上位互換(チャージターンは1ターン長い)と言えるでしょう。

    • 潜在能力

      1:【紫バトルキャラ能力向上(中)】、2:【紫バトルキャラ能力向上(大)】
      概要としては「バトル開始時に紫属性バトルキャラの物攻・異攻・物防・異防がアップ」となっています。属性ブーストキャラとしては最後の登場になりましたが、他属性のキャラを見ても未だ強力なのは間違い無いでしょう。(他キャラはこちらからどうぞ。→ / 赤・緑 / )

      解放には黒結晶が必要なので大変ではありますが、現状最強の効果ですので、必ず解放しておきましょう!!!

    • 総評
      6

      「原作同様『守り』に特化したキャラ」というところでしょう。

      とりあえず、属性ブーストについては言わずもがなでしょう。

      それに加えて、黄属性に対する異常なまでの防御性能も特徴の1つです。スキルでは【黄属性ダメージカット(中)】を紫の味方全体に、必殺では【物攻ダウン(大)】と【異攻ダウン(大)】という強力なデバフを付与します。これをうまく使いこなせれば、ボス戦の必殺だろうが耐え切る可能性まであるほど強力です。また、この強力効果2種を単体で付与できるのはこの「一方通行」くらいのもので、スペシャリティという点でも評価できるでしょう。

      また、攻撃性能自体もそれなりに高いというのも優秀です。自身の攻撃力もそこそこ高いですし、スキルでは【異攻アップ(中)】を付与、必殺は特大威力となっているため、

      しかも、先立って登場した「【竜王の顎】上条当麻」と異なり、スキル効果が同属性の味方全員に付与されます。紫の異能キャラには「【聖夜の祝福】御坂美琴」「【瑞祥新春】食蜂操祈」という攻撃力が高い代わり防御に少し不安があるキャラがいますから、かなり優秀なスキルと言えるでしょう。

      総じて、原作でみんなを守り通した力をしっかりと再現してくれていますね。

      ただし、科学サイドキャラなので【ベクトル操作】されると思われます。白い翼自体は魔術の力も加わっていると思われますが、システム的には反射されそうですし、かといって例外として処理することも可能でしょうし、こればっかりはプレイしてみないとどうなっているかわからないです…。紫の異能キャラは科学サイドが多いため、もしこの「一方通行」すら反射されるとなると【ベクトル操作】持ちの一方通行との相性は最悪と言えるでしょう。

      また、ダメージカットは黄属性のみというのは欠点と言えるでしょうか。自身の異防が低めなので、黄属性以外と当たった場合なんかは意外なダメージを受けることになります。特に、異能決戦/大戦では属性がばらつくことも多いため、編成の際は工夫しておきたいですね。

      あと、個人的に3Dモデルが長髪ではないのが不満点です。アニメでもそうでしたが、原作で長髪だったタイミングでも短髪のままとなっています。アニメは翼が生えた時点で急に長髪になっていましたが、こちらでは短髪のままです。絵は長髪なのに…。まぁ、2DLiveの方は長髪っぽいので、3Dはモデリングが難しいということで我慢しておきましょう…。

      Tweet紹介

    close

  • HsSSV-01ドラゴンライダー】浜面仕上




    • ステータス
      (数値は画面撮影時の最大値です)
      属性:黄 撃種:× 方向:×
      体力:7014 物攻:4257 物防:4334
      器用:997 異攻:1903 異防:1853

      物防がかなり高め、物攻が高めとなっています。

      ステータスランキングについてはこちらをご覧ください。

    • スキル

      1:「行動開始時に敵全体に【物攻ダウン(小)】と【クリティカル発生率ダウン(小)】と【攻撃方向減少-1】を2ターン付与する(1回のみ)
      2:「ペアのキャラ退場時、敵全体に【強化妨害】と【異攻ダウン(小)】を2ターン付与する(1回のみ)
      【対魔術式駆動鎧】御坂美琴」同様、スキルを2つ持つキャラとなります。

      1つ目は、行動開始時に敵全体に【物攻ダウン(小)】と【クリティカル発生率ダウン(小)】と【攻撃方向減少-1】を付与する効果となります。1つのスキルで3つの効果を持つ、アシストキャラでは貴重なスキルです。ダウン値自体は低めですが、物攻ダウンとクリ発生率ダウンの2つによってそれなりの弱体化を期待できます。そしてなにより、【攻撃方向減少-1】を付与できる唯一のアシスト効果です。それも行動開始だけで発動するので、初実装でこの条件は破格の一言に尽きるでしょう。

      2つ目は、ペアのキャラ退場時に敵全体に【強化妨害】と【異攻ダウン(小)】を付与する効果となります。【強化妨害】については「【真夏の魔術師】レイヴィニア=バードウェイ」の項目でも触れましたが、とにかく強力なスキルです。それに加え、【異攻ダウン(小)】を付与できます。スキル1では物攻ダウンを付与するため、主人公の1人とは思えない使用方法ですが、登場してから瞬殺されればかなりの影響を与えられます。

    • 潜在能力

      1:【異防アップ(中)】、2:【物攻アップ(中)】
      潜在2では長所である物攻をアップさせることができるので、ぜひ解放しておきましょう。

    • 総評
      5.5

      「ライダーらしく走り抜けることで活躍するキャラ」というところでしょう。

      まず、「【対魔術式駆動鎧】御坂美琴」同様、フェス限アシストとしてスキルを2つ所持しているというのが大きな利点ですね。

      その2つのスキルも、相手を大きく妨害する効果ばかりといういやらしさです。特に、スキル1の効果である【物攻ダウン(小)】【クリティカル発生率ダウン(小)】【攻撃方向減少-1】の3つを行動開始するだけで付与というのは強力と言えます。【物攻ダウン(小)】はともかく、【クリティカル発生率ダウン(小)】【攻撃方向減少-1】を先手で付与できるとなると、相手の攻め手を大きく抑制できるでしょう。

      また、スキル2では貴重かつ強力な【強化妨害】を付与できるので、こちらも強力です。概要は「【瑞祥新春】食蜂操祈」をみていただけると良いですが、ターンを無駄にさせることもできる強力なスキルです。それに加え【異攻ダウン(小)】もありますから、出鼻をくじくには十分でしょう。

      もし、初ターンで全ての効果を付与できた場合、【物攻ダウン(小)】と【クリティカル発生率ダウン(小)】と【攻撃方向減少-1】と【強化妨害】と【異攻ダウン(小)】を2ターン付与するという凄まじく鬱陶しい性能です。

      ということで、登場して瞬殺されることで最大の力を発揮できるキャラと言えるでしょう。すごく損した気分になりますけどね!

      気になる点として、相手に依存する効果ばかりというのはいささか不安要素ではあります。フェス限アシストの先輩である「【対魔術式駆動鎧】御坂美琴」が個人で解決する強力な効果ばかりなのに対し、こちらは相手の撃種・攻撃方向・強化の有無(まぁ強化の有無は気にすることもないでしょうが)で活躍度合いがブレてしまいます。活躍の場になりそうな異能決戦でも、最近では異能攻めも多なってきている中で行動開始時に物攻をダウンというのはちょっと…。

      また、【強化妨害】のタイミングが厳しめなのも、欠点と言えるでしょうか。せっかく全体でも強力と言えるスキルなのに、相手ターンを経由する関係上、異能決戦ではタイミング的に最大限活かすことが難しいです。一応、2ターン付与なのでボス戦ではある程度使えそうですが…。有効かつ能動的に発動させる場合は、相手キャラを倒しつつ反射キャラに攻撃して自爆するというのが強力でしょうか。…うん、無理だ。もし成功すれば相手ターンを無駄に消費させることもできるかもしれない強力な戦法ですが不安定すぎる…。今後、初ターンで自爆できるキャラが登場すればかなり強力なキャラになるでしょう。

      そしてなにより、防御系キャラの割に扱いづらいというのが一番痛いです。先手を取ると強力なスキルばかりなので異能決戦の防衛で使ってやりたいですが、発動タイミングが行動開始時と退場時なので普通に遅いです。なので、例によって「【スクール】心理定規」に完封されてしまいます。???「フェス限アシストの面汚しめ!」まぁ、これに関しては原作再現と言えるでしょうが、せっかく「【ブライダル】インデックス」が先行して「相手行動開始時」という条件を持っているのですから、フェス限のこいつにくれてやっても良かったのではとは思いますね。

      あと、異防は低水準です。ただ、退場時効果もありますから、人によってはメリットと言える部分でもあるかもしれませんね。

    close

以上が、現状のイベントキャラの評価となります。これらのキャラは期間限定キャラとなっていますので、欲しいキャラがいるならぜひ引いておきましょう。ただし、1日くらいだけは[前編]と被りますから、どちらのガチャを狙っていくかは考えておきましょう。

スポンサードリンク

おわりに

今回は、キャラの評価についてお話ししました。また新しいキャラやガチャが出た際にはお知らせしたいと思いますので、ご期待ください。

では、今回はこの辺で。お読みいただきありがとうございました。

Comment