総評

イベント「とある未詳の複製人間」キャラ総評

スポンサードリンク

はじめに

どうも、kouです。今回は、『とあるIF』で登場したイベントキャラについて、個人的な評価をご紹介したいと思います。ページの見方は『ごあいさつと当ブログについて』という記事にて説明しておりますので、ぜひご一読ください。

また、他イベントについては『各記事へのリンクまとめ』というページでリンクをまとめておりますので、そちらをご覧ください

なお、一部公式Twitterからの引用を行なっている部分がありますので、場合によっては表示されないことがあるかもしれません。その点についてはご理解いただきますようお願いします。

それでは、内容の方を見ていきましょう。

もくじ

「とある未詳の複製人間ドッペルゲンガー」キャラ感想


イベント「とある未詳の複製人間ドッペルゲンガー」で登場したキャラは、イベント報酬では「【研究者】操歯涼子」のみ、ガチャでは「【アイテム】絹旗最愛」「【魂の憑依】ドッペルゲンガー」の2体で計3体となります。

最近やっと始まった『とある科学の超電磁砲レールガン 天賦夢路ドリームランカー編』より操歯涼子とドッペルゲンガーが初登場です。また、本編にも登場する絹旗も同時に登場しています。

服装は普通なので、そのうち恒常ガチャに追加されるでしょう。

また、例のごとく有償石限定ガチャも実施されており、こちらはレア3確定となっていますから、できれば引いておきたいですね。

それでは、そろそろキャラ評価の方を順番に見ていきましょう。

イベントキャラ

  • 【研究者】操歯涼子




    • ステータス
      (数値は画面撮影時の最大値です)
      属性:青 撃種:× 方向:×
      体力:6565 物攻:4569 物防:2236
      器用:643 異攻:2576 異防:1824

      他のイベントキャラと比べ、物攻が高めとなっています。

      ステータスランキングについてはこちらをご覧ください。

    • スキル

      ペアのキャラ以外の味方がスキルを使用した後、ペアのキャラに【物攻アップ(小)】を2ターン付与する(3回のみ)
      発動条件が「ペア以外のキャラがスキルを使用する」となっている初のキャラです。効果は【物攻アップ(小)】と小さめですが、3回まで発動するおかげで1ターンで2度まで重ねがけが可能です。ちなみに、似たような条件として「ペアのキャラ以外の味方が必殺を使用」を持つキャラはすでに登場していましたね。

    • 潜在能力

      1:【最大HPアップ(中)】、2:【クリティカル発生率アップ(小)+物攻アップ(中)】
      潜在2では攻撃力の大幅増加が期待できるので、イベントをプレイして解放しておきましょう。

    • 総評
      5

      「困ったらとりあえずといった便利キャラ」というところでしょう。

      腐りづらく扱いやすいスキルを持ち地力も高水準であるため物理パであれば「とりあえずこいつでいっか」という感覚で採用することができます。

      とはいえ、防御面は控えめな調整で、特に異防は低いので、ある程度は相手を選びましょう。

    close

ガチャキャラ

イベント時に同時開催されたガチャより排出されるキャラで、ピックアップは「【アイテム】絹旗最愛」「【魂の憑依】ドッペルゲンガー」の2体となっています。また、過去のイベントでハブられていた【アイテム】の二つ名を持つ絹旗が登場です。

  • 【アイテム】絹旗最愛




    • ステータス
      (数値は画面撮影時の最大値です)
      属性:青 撃種:物理攻撃 方向:1方向(右)
      体力:8676 物攻:4911 物防:4808
      器用:652 異攻:4224 異防:4636

      物防・異防が高めとなっています。

      ステータスランキングについてはこちらをご覧ください。

    • スキル

      自身に【攻撃方向増加+2】と【物防アップ(大)】を2ターン付与し、SPを15上昇する / チャージターン:3」
      未だ数少ない【攻撃方向増加+2】を持ち、それに加えて【物防アップ(大)】も付与されます。あとは、おまけ程度にSPが15上昇します。

    • 必殺

      攻撃範囲内の敵の防御力アップ状態を解除し、特大威力の物理攻撃をする / チャージターン:4」
      【自動書記】インデックス」の物理攻撃版となります。

    • 潜在能力

      1:【物防アップ(中)】、2:【自身の右方向への攻撃力アップ+物攻アップ(中)】
      潜在2は攻撃力を大幅にアップさせられるので、ぜひ解放しておきましょう。

    • 総評
      5

      「攻防に長けたバランスの良いキャラ」というところでしょう。

      最大の特徴は、物理防御に長けた上でバランスの良いステータスでしょう。元のステータスバランスがかなり良いことに加えスキル・潜在で物理防御がアップします。しかも、スキルでのアップ値は大となっていますから、対物理に関してはかなりの耐久力を見せてくれるでしょう。

      また、元の攻撃方向が1方向でスキルで+2できるというのも強力です。このスキルによって異能決戦とボス戦のどちらでも対応できますから、応用性の高さは素晴らしいものです。特に、このタイプのキャラはボス戦で活躍しやすく持っているだけでも戦略の幅が広がりますから、ここは他キャラにない強みの一つと言えるでしょう。

      ただ、決戦で使えるとはいえここ最近は異能パが流行っているという点と攻撃方向・スキルともに「【学園都市第二位】垣根提督」の二の舞になりがちというのは、明確な弱点と言えるでしょう。まだキャラの数が少ない時にこの「垣根」を使って苦汁を飲まされた方も多いでしょうから、決戦での運用は他キャラよりも戦略を大事にしていきたいところですね。

      また、防御寄りの性能のため爆発力に欠けるため、ボス戦での優先順位も他のキャラに比べて低くなりがちではあります。

      このように、ピンポイントでは中堅程度の使用率になりがちなキャラで、よくいえばバランスが良い、悪くいえば器用貧乏と言ったキャラです。

    close

  • 【魂の憑依】ドッペルゲンガー




    • ステータス
      (数値は画面撮影時の最大値です)
      属性:青 撃種:× 方向:×
      体力:7856 物攻:2042 物防:4482
      器用:1086 異攻:1973 異防:4496

      物防・異防がかなり高めとなっています。

      ステータスランキングについてはこちらをご覧ください。

    • スキル

      ペアのキャラがダメージを受けた時、自身のHPを回復(大)し【物理ダメージカット(大)】を1ターン付与する(1回のみ)

      性能のイメージは「【コスプレ少女】風斬氷華」の物理版効果となります。初の回復(大)餅となりますが、発動回数は1回と「風斬」よりも劣ります。

    • 潜在能力

      1:【器用アップ(中)】、2:【異防アップ(中)】
      潜在2は長所である異防がアップするので、できれば解放しておきましょう。

    • 総評
      5.5

      「初の回復(大)で超回復する貴重なキャラ」というところでしょう。

      何度も書いていますが、回復(大)となる初のキャラとなっており、その回復量は他の既存キャラを大きく上回ります。今まで活躍してきた回復(中)の回復量や重要性を見るに、かなり強力なキャラです。その上、自身の器用・防御ステータスも高く耐久性に優れています。アシストするバトルキャラが低器用・低防御であっても、このステータスと回復(大)があれば多少であればカバーできるほどのものとなっています。

      しかし、似たような性能をもつ「【コスプレ少女】風斬氷華」と比較した場合、一度の回復量はこちらが上回りますがあちらは2回まで発動するので、総合的な回復量的にはさほど変わらないでしょうし、1ターンに一度しか発動できなかった場合は次ターンにも発動できるという点でもあちらの方が扱いやすいです。さらに、防御ステータス以外は完全に負けている点や手に入れやすさという点でも「風斬」の方が出番が多くはなりそうです。

      また、せっかくの回復(大)も一撃が弱ければ無駄に終わりがちというのも、もったいない性能です。自身の防御が高めで大ダメージを受けづらいので、アシストキャラには強力な攻撃系キャラを選んでやると良いでしょう。特に、「【風紀委員】白井黒子」なんかは物攻・異防が高く相性は良いでしょうか。

      もちろん、他にも相性の良いキャラはいるでしょうから、ステータスを見てみて判断してみてください。

    close

以上が、現状のイベントキャラの評価となります。

スポンサードリンク

おわりに

今回は、キャラの評価についてお話ししました。また新しいキャラやガチャが出た際にはお知らせしたいと思いますので、ご期待ください。

では、今回はこの辺で。お読みいただきありがとうございました。

Comment